Natural Golf

自然体で目指せシングル! <インドネシアから日本へ帰国編>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々の鱗

おはよう御座います

どうやっても全くダメという末期症状ではありませんでしたが、

80Y~30Yの距離を半信半疑で恐々打っている状態が暫く続いていました。

それなりには打てていましたが

YouttubeでPGAを観戦していて、ちょっとこの方のアプローチをまねてみたいなと。

PGOG-127661.jpg
フィル・ミケルソン

専門的な事は分からないので説明するのが難しいんですけど、

「左前でのクラブさばき」(ミケルソンは右前になります)が何かヒントになりそうな気が。

ミケルソンの場合、体の中心より前でボールをさばいているように見えます。

実際は?ですが見た目はそう

パットの場合はフォワードプレスをするので余計にそんな感じがします。

img-20150810003.jpg

ショットだと上からドーン!でなくてヘッドが前にスコーン!と抜けてく感じ。

球離れが遅くみえます

アプローチ限定の話しですが、”インパクトの感触&ヘッドの抜け=距離”になってる時は、

バウンスが滑ってヘッドがちゃんと球の下に入って淀みなくインパクトが出来てます。

自分の場合は、です

アプローチは長短問わずしっかり振ってヘッドを前へ抜くようにしないと、

芝に負けて突っかかったり、手心加えて緩んだ上のダフり等の萎えるミスがでます。

近距離でしっかりと振り抜くのは正直おっかないんですけど、

手心加えてしまってトップやざっくりで気持ちが凹むよりもいい。

と個人的には思っています。

気持ちの切替も早く済みます

思ったより飛んじゃったor思ったより飛ばなかった

のは、練習で”距離感”を養えばいいだけですからね。


とりあえず土日に色々試しながらのラウンドしてきました。

フォワードプレスをしてハンドファースト気味にすると普通よりロフトが立つので

ボールが上がらないように思いますけどフェイスを適正に開けばちゃんと上がります。

もちろん開けばフェースは右向くのでスタンスはオープン&フェースはターゲット方向へ。

スタンスなりにクラブは動くのでどちらかというとアウトサイドイン軌道になります。

いわゆるカット打ち

ここで無理やりインサイドに引こうとすると肩が回らないのでザックリ・トップします。

若干のスライスはOKと思うぐらい外に(スタンスに対してはスクエアですが)上げます。

フォワードプレスで左手がホールドされるので入射角が安定しボールコンタクトも安定。

反面、右手の自由度が上がってボールを運ぶイメージが出しやすい(様な気が)。

距離と高さのばらつきが少なく、尚且つフィーリングが出る。

これは久々のヒットになりそう。

次回まで忘れてなけれないいんですが。。。

と言うことで今日は練習かな。

折角の”目から鱗”なのでなんとかものにできれば。



では。



スポンサーサイト
[ 2015/08/11 06:17 ] ゴルフ 練習 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Calender 
Read on now
現在の閲覧者数:
Selamat Datang!
Link

Count Up days

Golf Blog Ranking
FC2のゴルフBlogランキング

FC2Blog Ranking


ブログ村のゴルフBlogランキング にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
Open your Blog @FC2
Access Ranking
[ジャンルランキング]
スポーツ
2779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
140位
アクセスランキングを見る>>
Shopping Golf Gear @Yahoo
オークション @Yahoo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。