Natural Golf

自然体で目指せシングル! <インドネシアから日本へ帰国編>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近況ですが

こんばんは

最近ラウンド報告なしで誤魔化しておりますが、、、

エンジョイゴルフ

IMG-20151017-00801.jpg
Lotus 4番より5番グリーンを望む

ではなく

炎上ゴルフ

で御座います。

6年間もお付き合いしたトンカチ(=ドライバー)にあっさり見切りをつけたので

多分

怨念

もあるかと。。。


トラブルショットが嵌る嵌る(笑)

8

とか

9

とか

10!!!

はまだですが

そうはお目にかかれないスコアを毎ラウンド拝見しています。

次回こそ二桁やっちまうかもしれません

嵌り方もこれはアンラッキーというケースが多いのでひたすら悶々とした感じ。

勿論実力もあり

普段ならサクッと出るところが予想外の障害物に行く手を阻まれ

ヤシの実殻に二回も当たりましたからね。それも二週に渡って

無くなるはずがない所でロストボールしたり

えらく打ちづらい所にボールがとまってるとか

まああれこれ言えばきりがないんですが。。。

いまさら古女房と復縁する気はないですがちょっと供養しないといけないかもです(笑)

冗談はさておき、相変わらずティーショットが致命傷で大炎上になっていますので

今週は練習場で振り回したいと思ってます。

目標は明日


古女房といえばうちの古旦那

IMG-20151016-00798.jpg

8年目の運転手の事ですが本当に耳が遠くなったのか意思疎通に問題が。

色々ありずーっと余計な会話無しだったので確信に変わったのは最近ですが、

ちなみに3年ほど前に金の件で説教したせいです。当方10も年下ですが。

今日なんかは、帰り車に乗った刹那

「Tolong ke apartment.(アパートに向かって下さい)」

「。。。(返事無し)」

返事無しも運転手としてどうかと思いますが良くある事

駐車場から大通りに出て数分して、

「Ke mena?(どこ行くの?)」

「。。。(呆れモード)」

このやり取りが度々あります。

当方は人間出来てないので「嫌がらせ?」とも受け取ってしますが。

全然違う場所に向かっているとか、何度か行った場所を完全に忘れてるとか。

運転手としては完全に失格です。

人に勧められない時点でもうNGでしょ

なぜだか3台も持っている電話が運転中にブンブン何度も鳴るんですが

ビジネスマンじゃあるまいしそんな頻度で電話があるのもなんだか変。

近い未来にエースドライバーの座を若い運転手に明け渡すことになりますね。

本人はなんにも感じてないと思いますけど。

この鈍感さがまた残念な気持ちにさせられるんですが。

もう少し周りを見れて空気読めればまだ可愛げがありますが

年寄りなのもあって、スタッフとの距離もこれ以上は埋まらないようです。



では。



スポンサーサイト
[ 2015/10/28 10:23 ] ゴルフ 全般 | TB(0) | CM(0)

イミグレ

お早う御座います。

朝からこのニュース。

NNAの記事を拝借させていただきました。

ブカシ県で日本人19人ら逮捕、不法滞在容疑

インドネシアの西ジャワ州ブカシ県は、日本人19人を含む外国人30人を
不法滞在の容疑で逮捕したことを明らかにした。
26日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

同県労働局のエコ・プトラント局長によると、今月21~23日にホテルや
共同住宅、企業のオフィスを抜き打ち調査した結果、30人が滞在許可証
を適切に所持していなかった。
国籍別の内訳は日本人が19人で最多。
以下、韓国人8人、中国人2人、マレーシア人1人となっている。
30人からはそれぞれパスポートを押収。
今後実施する詳しい取り調べの結果、違法性が確認されれば、国外退去
処分を科すという。
ブカシ県の労働局は26日、NNAに対し、現時点で詳細は明らかに
できないと回答した。


どうしても色眼鏡でみちゃいますが、つかまってしまった日本人の方々は

毎年更新で1ヶ月近くもパスポート取り上げられる面倒な滞在手続きを踏み

こちらのイミグレに対してかなり嫌味な言い方で恐縮ですが

仕事の為にまっとうに駐在されていたと思いますがなぜなんでしょうか?

「滞在許可証を適切に所持していなかった。」という表現から推測すると

手元に許可証がなかっただけでいちゃもんつけられた結果なのでは?

今年に入ってから(悪い意味で)イミグレが張り切っていて

不穏な雰囲気でしたから「とうとう来ましたか。」という感じです。

ブカシエリアのゴルフ場で以前手入れがあったとの噂がありましたが

結局はこの件の真相は不明のまま。。。

某ゴルフ場では「そんなことは無い。」と断言していましたから風評でしたが。

この時はイミグレの職員から

「パスポートとKITASを両方を携帯してないからダメ。」

でかなりの額をたかられたとの事でしたが、

たかられた=金払った

この件はレギュレーション上でも確かにあいまいな表現だったようで。。。

多分orなのかandなのかの違いだと思いますけどね

結局はどちらかを携帯していればOKとの事です。

専門家のコメントによると

パスポートは紛失リスクが高いのでKITASを携帯する方が無難かもしれません。

10年前までは、パスポートもKITASもコピーでOKだった気がしますけど。

当方も財布にコピーを入れていました

VoA(Visa on Arrival)でのお仕事するのは本来NGなのは昔から変わりませんが、

出張者が現場仕事しているのを見計らって

身内(従業員)の手引きでイミグレ来襲がたかりの常套手段。

最終的には上がり(罰金か賄賂)の何割かをもらう算段なんでしょうけどもね。

今日のニュースも額面通りに受け取れず「どうせ嫌がらせでしょ。」としか思えず。

本当は真っ当な理由があってしょっ引いたのかもしれませんが

どうも駐在が長くなるとひん曲がった見方しかできなくなるので考え物ですね。


では。



[ 2015/10/27 11:20 ] インドネシア | TB(0) | CM(0)

ハザード内からの。。。 その三

おはよう御座います。

続けてハザード処置の第3弾です。

ここまではハザードに入ってからのワンペナ後の話でしたが、

ハザード内に入ってもそのまま打つ場合(インプレー)についてです。

img 20151023 001
この場合は赤杭でなく赤線ですね。石川プロの水切りショットは有名

いつでもどこでもそのまま打てれば苦労はしませんが、

基本ハザード杭の中は未整備or手付かずの自然である事が多いですので

枯葉が積もり、草はボウボウで、更に斜面だったりでかなり難しいライだったり。

インドネシアの場合はプラス危ない生き物(蛇・蜂等)がいますので要注意です

どんな難関なライでも諦めず“あるがまま“でこそゴルフの醍醐味だったりしますので

安易にピックアップせずに出来るだけそのまま打つ事を考えるようにしていますが、

急斜面で転げ落ちるとか、根っこで手首をやりそうな時は怪我するので諦めています。

もう年寄りで怪我の治りが遅くなってきたので


さてこのハザード域内からのショットですが、ストロークする前の禁止事項があります。

(1)ハザードの状態をテストしてはいけない
(2)ハザード内の地面に手やクラブを触れてはいけない
(3)ハザード内のルースインペディメントに触れたり取り除いてはいけない

*ルースインペディメント→枯葉・小石・小枝等の取り除くことが可能な障害物

なんだか分かるようで分からない。。。

細かな例外処置はあるんですが取り合えずここでは割愛して、

よくあるケース(打ったボールがハザード杭のある森へイン)でシュミレートをしてみます。

①「ボールが入った方向を頼りに森に入ったところハザード内で自分のボールを発見。」

 →(1)~(3)の通り、クラブで枯葉等を掻き分けながらのボール探しは×

②「ボールは枯葉に埋まって小枝がボールの前にあるが何とか打てそうな感じ。」

 →(3)の通り、どんなに邪魔でも枯葉と小枝に触れたり除去したりは×

③「後ろに木があるのでスイングできるか確認のために数回素振り。」

 →(1)~(3)の通り、素振りは良いですが地面を打つのは×

④「スイングできるのでこのまま打つことを決めスタンスを取る。」

 →(2)の通り、ソール(地面にクラブをつける)のは×です。

 →ハザード内に生えている草や木にはクラブや手を触れてもOKなんですが、
  ルースインペディメントと混在している状況もあるので要注意。
  (生えてる草の上にある枯葉は動かしたらダメなんです。。。)


⑤「バックスイングからボールヒットへ」

 →トップからボールヒットまでの一連の動作内で地面や障害物に触れるのはOK。
  でもバックスイング中は×です。このせいで諦めざる得ないケース結構あります。


と以外にも(?)ハザード内での行動は多くの制約があります。

色々とありますが、基本バンカーと同じと考えておけば大きな粗相はしないでしょう。

第一印象でこれは打てないと思ったらすんなり諦めた方が得策です。

大体嫌な予感は当たります。

トラブルに対する的確な判断力もゴルフには大事なスキルだったりしますね。

前回は判断ミスでハザード内の同じ場所からで3回も打ちました(笑)

打っても打っても細かい障害物で跳ね返ってきて。。。結局ドロップ

ちなみにペナルティーはストロークは二打罰で、マッチプレーはそのホール負けです。


さてバンカー内にでっかいルースインペディメントがあった場合はどうでしょう?

IMG-20151023 002
こんな時(笑)

取り除けないのでご注意を。



では。


[ 2015/10/23 06:18 ] ゴルフ 全般 | TB(0) | CM(0)

池ぶち込みルールおさらい その二

おはようございます

ウォーターハザード処置その二です。

今度は池越えでなく左右にあるハザードに入れた場合です。

池に限らず森だったり崖だったりでハザードになっている時も多いですね。

これも良くあるトラブルです。

wh4 20151018001

その一と同じくでハザードラインを横切った点(黄色丸)基準となります。

wh4 20151018002

良くある間違えは、、、

wh4 20151018004

(1)ボールの落下地点基準でハザードラインから真横に2クラブレングス

(2)黄色丸基準で真横に2クラブレングス

これは処置ミスで不利になるというよりも有利になっていますね。

ちょっと説明がややこしいんですが、

wh4 20151018003

まずは赤杭処置をおさらい。

①同じ場所から打ち直し
②ハザードラインを横切って入った点とピンを結んだ後方線上
③ハザードラインを横切って入った点から2クラブレングス

この場合②と合わせて③も選択出来ます。

②の場合はピンと黄色丸を結んだ線(点線)の延長線上ですので

黄色丸の対岸にハザード杭があれば池越えですがドロップできます。(左下の→)

ですが、延長線上にハザード杭がない場合もありますし、

だいたいはグリーンに近い有利な場所にドロップを選びますね。

その場合③となりますが、この表現はちょっと不明確です。。。

そもそもドロップは「ピンに近づかないように」が基本。

ということで、この場合はまずピンに近づかない仮想ラインをイメージして、

そのラインを越えないように2クラブレングス以内にドロップします。

ドロップ出来るエリアが狭いですがまだドロップエリアは選べますので

出来るだけ深いラフ・急傾斜等の難しいライにドロップするのは避けましょう。

ところでドロップの作法ですが、

直立した姿勢から腕を伸ばし肩の高さからドロップします。

img 20151019001

プロはドロップする姿もカッコいいですね。

腕を伸ばしてなので思った所にドロップするのは難しかったりしますが、

何度かやれば上手になります。

ドロップも大事な練習だと思いますよ。


その三は気が向いた時にでも。


では。



[ 2015/10/19 06:29 ] ゴルフ 全般 | TB(0) | CM(0)

池ぶち込みルールのおさらい その一

こんにちは

今日日曜日は社内の出張者の来襲でゴルフは御座いません。

空港側のチェンカレンでラウンドすれば間に合いますけどね。

JAL便だと夕刻着なので遠い所でゴルフすると渋滞があると遅れる可能性が。

あとラウンド後のビールを飲めないのが一番嫌。

流石に酒臭い状態でお迎えいけませんからね。

ベロンベロンで迎えに行った事も無い事はないですが(笑)

という事で家族メンテ@家なので暇です。


今回はウォーターハザードの処置についておさらいをしたいと思います。

なぜかと言いますと、

間違った処置で無駄打ち(?)をしてしまうゴルファーを結構見かけるもので。

判断ミスでスコアが大炎上してしまうほどもったいない事はないですからね。


まずはウォーターハザードはご存知の通り1打罰で救済を受けられます。

「打ってもOKだけど池の中までは無理でしょ。罰打で救済してやるよ。」

という意味です。

ウォーターハザードは赤杭と黄色杭があります。

赤杭
①同じ場所から打ち直し
②ハザードラインを横切って入った点とピンを結んだ後方線上
③ハザードラインを横切って入った点から2クラブレングス

黄色杭
①同じ場所から打ち直し
②ハザードラインを横切って入った点とピンを結んだ後方線上

なんだか言葉にすると分かりづらい。。。

黄色杭は③の条項が無く赤杭より救済範囲が少ないですので気をつけましょう。

ジャカルタ界隈だと黄色杭はあまり見ませんが時々存在していますので注意です。


さて、良くある事例ですが、グリーン狙いが手前の池・川にぶち込み。

池の周りに‘赤杭‘があり、‘黒ライン‘が飛球線で‘בが球が落ちたポイントです。

wh3 20151018001

さっきの条項にある‘ハザードラインを横切った点‘が黄色の丸。

ハザードラインは赤線で、黄色丸に一番近い赤杭同士を結んだラインです。

wh3 20151018002

良く見かける間違いですが、、、

wh3 20151018004

(1)ボールの落下地点の真横 (そもそも真横はどこ基準?)

(2)ボールの落下地点とピンを結んだ後方線上

(3)黄色丸とピンを結んだ後方線上から2クラブレングス

いずれも微妙にハザードラインから2クラブレングスにドロップする傾向が。

一見(3)は処置を間違っていない様ですが、救済範囲はもっと広いんです。

wh3 20151018003

私も以前は間違っていましたが、指摘されて気がつきました。

赤杭②の「ハザードラインを横切って入った点とピンを結んだ後方線上」ならば

下がる距離に制限はありません。

大体ハザード杭の近くは深いラフや傾斜で難しいライなのでミスの温床。

ここで2クラブレングスと言う概念は捨てましょう。

下がるだけ下がってフェアウェイにドロップしてもらってOKです。

得意な距離があればその距離に合わせてドロップするのもいいですね。

当方は100Yきっちり残すために大きく下がることありますし、

少なくとも傾斜している場所は避け平らなライを選ぶようにしてます。

罰打払うんですから良い場所から打つようにしましょう。

ポイントは

堂々とドロップ(笑)

です。

次回は応用編。


では。


[ 2015/10/18 12:09 ] ゴルフ 全般 | TB(0) | CM(0)
Calender 
Read on now
現在の閲覧者数:
Selamat Datang!
Link

Count Up days

Golf Blog Ranking
FC2のゴルフBlogランキング

FC2Blog Ranking


ブログ村のゴルフBlogランキング にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
Open your Blog @FC2
Access Ranking
[ジャンルランキング]
スポーツ
1552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
84位
アクセスランキングを見る>>
Shopping Golf Gear @Yahoo
オークション @Yahoo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。